コロナとブログとワタシ

 こんにちは!
 お元気ですか?

 暑いですね。今年は蚊が少なくて助かっています。気温が35度以上になると活動が鈍るとか、変わらないとか。暑さの不快感を我慢するか、蚊の不快感を我慢するか、難しい選択ですね(笑)

 さて、前の記事でブログを新設した理由の1つに「コロナ自粛」を挙げました。今回は、その部分についてもう少し詳しく書いていこうと思います!

 こういう話は、やっぱり今しか書けないと思うので、ブログを新しくした経緯とか考えたこととかはしっかりと書き残しておきたいですからね。

Chim↑Pom《May, 2020, Tokyo》
Chim↑Pom《May, 2020, Tokyo》
7月に観に行った個展にて。


 2020年の上半期、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社会の形や日々の生活が大きく変わりました。それ以前と比べれば、まさに「異常」という言葉がこんなにも文字通り当てはまる状況も少ないと思います。

 色々と大変なこともあったし、未曾有の感染災害が社会にもたらした影響は計り知れないと思うので、軽々しくブログに書くのもどうかとも悩みますが……。

 まぁ、このブログは「私のため」のものなので、”自分ごと”として、この機会にしか書けないことを残しておこうと思います。
 ついでに、記事が寂しいので自粛期間中に撮った写真でもところどころ貼っておきます。こういう写真を見返すと、人間社会の動きは完全に停止していても、季節はきちんと動いているのだと感心します。

夜桜の写真
2020年3月:都外出自粛要請下、近所で撮った夜の桜

私の外側と内側を見る視点


 コロナ禍で、自分自身と対話する時間が増えたような気がします。これは、思いもよらぬ”良いこと”でした。

いままで


 たぶん、私は今まで「外側」ばかりに目を向けてきたと思います。
 映画を観たり、美術館に行ったり、アニメを見たり、本を読んだり、旅行に出掛けたり、その感想をブログに書いたり。

 「面白いこと」を外側に求めていたので、誰か他の人が作った作品を観ることを楽しんでいました。書いている感想だってそれに準じているわけですから似たようなものです。

 そもそも「昔のことを思い出すと恥ずかしくなる病」に罹患しているので、自分自身の内側に目を向けることは避けていた気がします。

そのあと


 ここに、コロナ禍がやってくるわけです。

 何が変わったのかを端的に言えば「外出できない、代わり映えのない毎日」がずっと続いたということでしょうか。

 早くから自粛ムードが醸成され、さらに緊急事態宣言の発令によって本格的に(自主的な)外出規制が布かれました。店舗やイベントは中止になり、人と顔を合わせるのはオンラインだけ。
 ずっと家の中にいて、景色も変わらず、あまり変化のない毎日を過ごしていた時間が長かったです。



 「外」に出られず、人とも会わないと、不思議と自然に思考が「内」側に向かっていくものなんですね。

 ”自分と対話”というほど深いものではないですが、今までの自分を見つめ直すキッカケになりました。日常とか、人間関係とか、普段の生活サイクルとか、出掛けたこととか、色々と。

 恐らく私は、別にずっと家の中で過ごしても大丈夫だと思います。ただ、それはあくまでも自分の意思でそうした場合で、外側からの圧力で外出が出来ないというのはキツイものだと痛感しましたね。



 こんな感じで、今まで「外側」にしか向けていなかった視点が「内側」にも向けられるようになったのは、私としてはとても大きな収穫だったと思います。

筍の写真
2020年4月:伸び盛りで元気そのものな筍くん

いくつか記事を書いたこと


 コロナ禍の自粛期間中に、いくつか私自身についての記事を書いて投稿したんですよ。

 ずっと自粛をしていたので気分がハイになっていて、普段なら書かないようなことを書いたような気がします(笑) あと、どこにも出掛けていなかったので記事にする内容がなかったのもありますね。

 で、自分自身のことを書いたわけですけど、思ったより楽しかったんですよね(笑) これならもう少し書いても良いかなーなんて思ったというのもありました。

 あと、その記事を読んでくれた友達から

友達
友達

人間味があって、書いてるのがロボットじゃないと分かるから安心する(笑)

というような感想をもらって、なるほどなぁ(笑)と思いました。

花と蜂
2020年5月:虫が活発に飛び回っている時期です

コロナ禍 +他


 合わせて同時期に、他にもキッカケ的なことがあったので、それも書いておきたいと思います。コロナと完全に切り離せるものでもないので。

 はじめにも書いたように、私は「昔のことを思い出したり自分のことを考えると悶絶する病」という大病を患っているので、なかなか思い出すのが苦手なんですね。
 ただ、色々と考える機会がこの時期に集中していたので、いつも以上に深く考えたような気がします。



まず、私の未来に関わること。

 これはここでは詳しく話せないのですが、私自身の今までとこれからについて考える機会が(半ば強制的に)できました。
 そこでちょこっと考えた結果、「意外と自分も捨てたもんじゃないな~」なんて思ったりもしました。



それから、私の家族のこと。

 これもプライベートなことなので詳しくは書けませんが、思うところがありまして、考えるものも少なからずありました。そんなこんなで「自分のコトを書きのこしておくのもアリだな」というように思いました。



あと、友達と話したこと。

 小学校時代からの友達と喋る時間があって、それも大きかったと思います。これも詳細は載せられないんですけどね。
 まー、ただでさえ昔の幼馴染ということもあり、しかも彼女は昔のことをよく話すし、根掘り葉掘り聞くので、過去のことを思い出さないわけにはいかないですよね(いい意味で)。

 それから、高校時代の友達とか先生と話す機会があって、やっぱりそれも詳しくは載せられないものの、色々と思い出すものですね。特に部活動とかは大きかったと思います。

イモリの画像
2020年6月:恐竜が出てきたので、撮った写真

自分のことを考える・書く


 なんだか長くなってしまいましたが、そんな感じで自分自身を見つめるチャンスとチャンネルを手に入れたわけです。

 そんな機会があったら、そりゃ色々と考えないわけにはいかないし、この機を逃すとまたしばらく忙しい日々が続きそうなので、じっくりと時間を掛けて思考を巡らせました。



 で、「もうちょっと自分のことを書いたら面白いかもしれないな~」と思ったので、まずは形から入ろうとブログ全体の方向性と仕様を決定しました。(ブログ名とかテーマ色とか)



 何度も言うように、私はかなり恥ずかしがり屋なので、あまり自分について書いた文章を人に読まれるのは苦手なんですよね(今更それを言うか!!!!!!)
 なんなら、あまり自分と対話するのも、過去に深く潜っていくのも苦手なので(別にトラウマとかがある訳じゃないけど)、今後どうなるかは未定ですね。



 ちなみに、自分と対話するのは苦手でしたが、「どういう人間なのか」を客観的に分析?することは出来るので、こういう文章が書けるわけですね(笑)

 …………さて、こんなことを書いてしまって大丈夫なのでしょうか…。こんな文章を他人に読まれるとか思うと恥ずかしさでどうにかなりそうなので、誰も読んでいないことを祈ります。



 とはいえ、読んで下さった方がいましたら、どうもありがとうございます。 今後もぜひ、期待していただけたら嬉しいです!! そのうち、忘れた頃にでも何か投稿するかもしれません。

 それでは、今回はこのへんで失礼します。

朝顔と雑草
2020年7月:朝顔は色と英名がとても好き。

コメントを残す