【過去記事について】お知らせ&お願い

【岡山観光②】吉備路サイクリング。桃太郎ゆかりの地、蒼い稲が美しい田園風景を自転車で走る

こんにちは!
お元気ですか?

変な天気が続く今日このごろ。
最近は全話無料公開された『NEW GAME!』と『日常』をずっと読んだりしてました。もちろん安定の面白さ。あと長谷川京さんの短編SF『障害報告』がクソデカ・ソウリ・パンクで非常に素晴らしかったです(笑)


さて。
夏休みに岡山県に行ってきたお話。
8月上旬に2泊3日で旅行をしました。
旧国名を《吉備国》といい、畿内・九州・四国の交通を握る中国地方の要衝。誰もが知るあのスーパーヒーロー・桃太郎がいるところで、「晴れの国」を謳っている良い土地です。名産品は桃ときび団子(笑)

前回、1日目の旅ブログを書きました。

【岡山観光①】「犬島」で巡る精錬所跡とアート(瀬戸内国際芸術祭2022)



今回は2日目の模様をお届けします!!
2日目は岡山県の空気を満喫すべく、
愛すべき田園地帯を自転車で駆けて行きました!
岡山県、良いところです。

田園地帯を走る吉備線

岡山旅行2日目

岡山駅から出発の儀

 1日目の夜は、岡山駅近くの「後楽園ホテル」に泊まっていました。そして2日目は別の宿に泊まる予定だったので、大きなスーツケースがちょっと邪魔です。持ち歩くのも厳しいのでどうにかしなければなりません。

 そんなときに便利なのがコレ!
 手ぶら観光サービス「ねこのてステーション」です。
 JR岡山駅に集荷用のスポットがあり、ここに荷物を預けると岡山市内・倉敷市内の宿泊施設に当日17:00までに配達してくれるという神サービス! 1個500円というお手頃価格なので、大きくて重いスーツケースを携行しなくてもいいという素晴らしいシステム。
 しかも岡山市&倉敷市が対象なので、岡山県のメイン観光地はほぼカバーしています。こんな便利なサービスを活用しない手はありません。ということで、2日目の朝はココに荷物を預けることから始めました。

 旅の客に優しい素晴らしい観光サービス。岡山県、いいところです。

ねこのてステーション
「ねこのてステーション」の情報は「岡山観光WEB」で。JR岡山駅の2階新幹線改札口すぐ。 手荷物関連サービスを行っていま…




 荷物を預けた後、観光案内所へ。
 旅行といえば観光案内所。観光案内所といえば私。「岡山市ももたろう観光センター」という不思議な場所で、2日目と3日目の観光情報を無事GETしました。




 そして、岡山駅を出発しました。

岡山の美しい風景を走る
「吉備路サイクリング」

 2日目は「吉備路サイクリング」をしました。
 自転車で爽快に走りたい、岡山の空気を感じたい――そんな希望を持ち合わせていたところ。そしてもちろん、岡山に来たのだから桃太郎伝説に由来する吉備津神社をはじめとする名所も巡りたいという希望も。

 その2つを全て叶えてくれるのが、吉備路サイクリングだったのです!!!

吉備路サイクリング

 吉備路サイクリングは、自転車です。
 備前(岡山駅)~備中(総社駅)を結ぶように整備されている吉備路自転車道ルートを巡るもの。ルート上には、吉備津彦神社や吉備津神社、造山古墳、備中国分寺など歴史スポットが点在しています。

 桃太郎にゆかりある神社だったり古墳LOVEだったりするので、それらをまとめて巡れるのはとても有り難い! 
 そしてこれらの観光地は駅から若干離れているので電車では行きにくいので、車とかバス移動が主。もしくは自転車。なので自転車を選んだわけですが、とても良かった……! 小回りが効くし気持ちいいし、ベストチョイスでした。

自転車を借りて、神社を巡る

 備前一宮駅。
 吉備線(桃太郎線)で岡山駅から数駅。田舎のいい駅です。オレンジの電車が映えるんですねぇ。




 ウエドレンタサイクル 一宮駅前さん。
 駅の目の前にあるお店で自転車を借りました。
 最初は「ショボい自転車屋だなぁ大丈夫かなぁ」と思ったんですけど、めっちゃいいお店でした! お店のお婆ちゃんはいい方で、丁寧に説明してくれるしルートを案内してくれるし優しい感じ。お爺さんのほうは寡黙なんだけど気が利く方で、店の奥で料金払っている間に自転車を用意するだけでなく、サドルの高さを調整してくださる神対応……!!!

吉備津彦神社

 備前一宮駅から自転車で2分。
 桃太郎伝説のモチーフにもなった大吉備津日子命(吉備津彦)を祀る神社です。
 神社の境内は広々としていて良かったけど、かなり整備されていてあまり厳かさを感じなかったのが残念だなーと思いました。



 後でWebサイトを見ると、面白い話がズラリ。

 ず~~っと真っ直ぐ続く参道は、夏至の日になると太陽の光が鳥居と参道の真ん中に位置するそう。
 さらに大吉備津日子命は、大和朝廷から吉備の平定を命じられて、吉備の国に製鉄文化をもたらした温羅命を討伐したと。これが桃太郎伝説につながったといいます。
 そして、吉備津彦の姉が邪馬台国の卑弥呼だという伝説もあるとか。

 このへんの話、大好きすぎる…!!!『ムー』とかに載っていそうな話で、ワクワク!!!!!

吉備津彦神社
当神社は古代より背後の吉備の中山に巨大な天津磐座(神を祭る石)磐境(神域を示す列石)を有し、山全体が神の山として崇敬され…

吉備津神社

 こちらも主祭神は大吉備津彦命。
 社殿は「吉備津造り」という建築手法を使ったもので、本殿は国宝なのだそう。
 一番の見どころは、400m近くに及ぶ長い廻廊です。とはいえ長いだけといえば長いだけなんですけどね……。せっかくなので往復800mを歩きましたけど。楽しかったですよ。

吉備路を走る

 吉備津彦神社と吉備津神社の距離は1.5kmほど。
 ここからいよいよ、本格的にサイクリングです!! 総計16kmほどの距離をずっと自転車で走ります。いざ!!!


 暑い日差しの下、道を走ります。


 田んぼの間を、走ります。


 夏空を仰ぎ見ながら、ずっと走ります。


 しばらく川沿いに走ることも。

古墳、休憩、国分寺

 ひたすらずっと自転車を転がしていると、古墳が現れます。

造山古墳

 古墳だ!
 自転車を走らせる中でようやく見えてきた造山古墳。道中、ただの山や丘を見て何度も「あれが古墳だ!」と言ったのは内緒です。

 造山古墳は国内4位の規模を誇り、歩いて登れる古墳としては国内最大だそう。古墳LOVEな私としては登りたい気持ちがありつつも、この日は暑くてそこまで頭が回らず……。時間の余裕的にも厳しそうだったので、見るだけでスルーしました。

歩いて登れる古墳としては日本一!造山古墳を歩く古代ロマンの旅
 造山古墳(つくりやまこふん)は、全国第4位の規模を持つ5世紀前半の前方後円墳で、近畿地方以外では最大の古墳です。歩いて…

備中国分寺

 田んぼの中を進むことしばらく。
 遠くに五重塔が見えてきます。こちら、奈良時代に聖武天皇が各地に建てた国分寺のひとつ。五重塔は重要文化財に指定されているそう。ここもちゃんと見て巡れれば良かったんですが、時間の都合&暑すぎて大変という理由で、サーッと見回る程度な感じに。

ゴールの総社駅までペダルを漕いでいく

 国分寺を過ぎて、自転車を飛ばします。
 電車の時間があるので、少し急ぎめにペダルを漕いでいくと、五重塔がどんどん小さくなっていったりして。




ずんずん進んでいくと・・・・・・ついに総社の標識が! やすらぎの里に着いたのでした……。




 その看板が見えてから20分くらい走って、総社駅に到着しました!

 宿泊するホテルへ向かう

13:30
総社駅
14:00
岡山駅
15:00
お昼ごはん
16:00
岡山駅発 快速マリンライナー

16:30
児島駅着

 児島駅に着きました。
 ジーンズで有名な児島さんです。


 改札まで履いててなんか草


 僻地の首狩り族が獲物を吊るしてるみたいで草


 児島駅の外観。

17:20
ホテルの送迎バス

 泊まるホテルの送迎バスに乗って移動です。

 瀬戸内海に沈む夕陽を見れるホテル

 児島駅から車で10分弱くらい。
 地図で分かる通り、児島半島の先端、鷲羽山周辺の海沿いのホテルです。「瀬戸内海を見ながら泊まりたい!」という希望あって、この素晴らしきロケーションを選びました!




 泊まったのはこちら。
 本日のお宿、鷲羽山下電ホテルさんです。
 昭和天皇もご宿泊されたことがあるとか。

1932年、「鷲麓園」として創業。1955年に下電ホテルと改称。その後客室数120室、収容500名と当地最大規模を誇る国際観光旅館となる。
Wikipedia




 外観はこんな感じ。
 プライベートビーチがあるので、宿泊者だけで泳ぐことができます。なんか……うんって感じ。Webサイトで見た感じだとかなり綺麗な旅館って感じだったけど、実物は一昔前に作られたちょっと古びた鉄筋コンクリートのホテルって感じ。まぁまぁ……ね。




 屋内の一部。竜宮城を再現しているんだか分からないですが、なんとも切ない感じ。




 ホテルのビーチから見た海。
 瀬戸大橋の背後に沈む夕陽を見れました。それだけでも素晴らしきかな大感謝!




 2日目のご夕食。
 かなりバラエティに富んでいて楽しかったです!
 そこで「清水白桃酒」というお酒を頼んで飲みました。かなり濃厚なリキュールで、桃の風味がとても良く香って美味しかったです!!!




 本日のお部屋。ここで就寝しました。

 2日目はおしまい。

 岡山旅行の2日目、終了です!

 吉備路サイクリングを楽しんだ1日。
 岡山県の由緒正しき懐かし風景でもある田園地帯を自転車で進みながら、古代吉備を感じられる史跡を巡るという素晴らしい日でした!! やっぱり、岡山県はいいところです。

 とはいえこの日もめちゃくちゃ暑かった……。自転車を漕いでいると風を感じられるので涼しいけど、晴天の上に田んぼの間を走るので日光を遮るものがなく、そこは暑かったですね…。でもそれもいい思い出です。汗だくになりながら出掛けるのって、いいですよ。

この日の移動ログ

 2日目、の徒歩移動距離は4kmくらい。
 吉備路サイクリングが約17kmでした!
 
 メインの吉備路サイクリングを堪能できて最高。
 この日の移動ログは下の地図でどうぞ!


 

 岡山旅行の関連記事は下記です!

【岡山観光①】「犬島」で巡る精錬所跡とアート(瀬戸内国際芸術祭2022) 【岡山観光③】倉敷の街並みを歩いて写真をいっぱい撮った


ではでは!

コメントを残す